SINGING

auひかりとキャッシュバックについて

auひかりのキャッシュバック対策として問い合わせ先を理解しよう

インターネット回線の契約をするとキャッシュバックをしてもらえるキャンペーンがよく行われています。

これからauひかりに申し込みたいと考えているならキャンペーンを活用すればお得ですが、その際に調べておいた方が良いのがお問い合わせ先です。

どうして必要なのか、どこに問い合わせたら良いのかを説明するので参考にして下さい。

キャッシュバックのトラブルは一般的に多い

インターネット回線などの契約申し込みをして一定期間利用するとキャッシュバックを受け取れるというキャンペーンは魅力が大きく、多くのユーザーがキャッシュバックを目当てにして申し込みをしています。確かに月額料金が少し高かったとしても現金がたくさん手に入るので構わない、トータルでは安いなどと考えることができるでしょう。

ただ、キャッシュバックを受け取れないと高額な契約になってしまうこともあるので受け取り忘れないように注意しなければなりません。実はキャンペーン期間中に申し込んだけれどキャッシュバックの手続きを忘れてしまって受け取れなかったというトラブルは一般的に多いのです。

auひかりの場合にも申し込みを忘れてしまって受け取れなかったという事例はあります。その原因として単純に申し込みをする必要がある時期にキャッシュバックのことを忘れてしまっていたというケースもありますが、時期はわかっていたけれどやり方がわからなかったというケースも少なくありません。

このようにキャッシュバックを受け取れなくなってしまうトラブルはしばしば起こっているので、auひかりに申し込むときには対策を立てておくのが重要です。

お問い合わせ先を調べておくべき理由

キャッシュバック対策としてお問い合わせ先をauひかりの申し込みの時点で調べておくのは効果的です。

キャッシュバックの申請の仕方がわからない、タイミングがいつだか忘れてしまった、申し込んだのにお金が振り込まれていないなどといったトラブルがあったときにも気軽に問い合わせて確認できるようになるからです。

困った時点でお問い合わせ先を探すこともできますが、実は申し込みの時点で確認しておかないと探すのが大変になりがちなので注意しなければなりません。申し込み時点であればお問い合わせ先が必ず書類のどこかに書いてあるのでメモを取りやすいでしょう。

キャッシュバックキャンペーンはKDDI、プロバイダ、代理店のそれぞれが実施していて、どのキャッシュバックについて質問したいのかを考えて個々の窓口に問い合わせる必要があります。最大で三つのお問い合わせ先を区別しなければならないので、最初に手続きをする段階でリストにしておけば安心です。

また、後日になってから調べるとキャンペーンが終わってしまっていてお問い合わせ先を調べるのが難しくなる場合もあります。キャンペーン用の窓口とカスタマーサポートの窓口が異なることもあるため、やはり最初にお問い合わせ先を確認しておくのが大切なのです。

どのタイミングで問い合わせるべきか

トラブルに見舞われたときにはそれぞれの会社のお問い合わせ先に連絡をすれば適切な対応をしてくれます。ただ、どのタイミングで問い合わせるべきかが判断しづらい場合もあるでしょう。キャッシュバックを申請する時期が来たけれどやり方がわからないという場合にはすぐに聞いてみるのが良い方法です。

申請のタイミングがいつかわからなくなってしまった場合にも同様にすぐに問い合わせるのが賢明でしょう。申し込みをしてキャッシュバックを受け取れるはずなのにお金が振り込まれていないという場合にもその場で問い合わせてしまって問題はありません。

あまり迷惑がかからないようにしたいという場合には契約の申込書を見てキャッシュバックの申請時期を確認したり、申請後どのくらいの期間で振り込まれるのかを調べたりすると良いでしょう。お問い合わせ窓口は殺到していることが多く、平日の昼間のみの電話対応というのが普通なので連絡を取るのが大変になりがちです。

メールで対応できる会社もありますが、返事が返ってくるのが数日後になる場合がほとんどです。まずは書類で調べてどうしてもわからないときに問い合わせるというのも賢いやり方と言えます。

お問い合わせの費用は無料

お問い合わせには相談料などの費用がかかるのかと心配する人もいますが、auひかりのキャッシュバックにかかわる窓口は無料で対応してくれます。ただ、会社によってフリーダイヤルやメールのこともあれば、有料の電話ということもあります。

もしトラブル時に電話代が気になるのであれば申し込む時点でフリーダイヤルやメールで対応してくれるプロバイダや代理店を選ぶようにするのが賢明です。

キャッシュバックのタイミングを逃したらどうするべきか

キャッシュバックのことを忘れていてタイミングを逃してしまったときにはどうしたら良いのか悩んでしまうでしょう。お問い合わせ先に連絡して弁明すればもしかしたらキャッシュバックをしてくれるのではないかと思うかもしれません。

しかし、キャッシュバックキャンペーンは所定の手続きをした人にだけ特典として現金を振り込んでくれるものなので、条件を満たさなくなってしまった時点でキャッシュバックを受け取れる資格を失ってしまいます。お問い合わせ先に連絡をしても条件を満たさないのでキャッシュバックできないと断られてしまうことになるので注意しましょう。

ほとんどの会社ではauひかりが開通した直後か数ヶ月後にキャッシュバックの振込先を登録することが必要になります。その時期がはっきりとしない場合にはできるだけ早めに問い合わせて確認しておきましょう。そして、パソコンの付箋を貼ったり、スケジュールアプリに登録したりして忘れないようにしておくのが大切です。

お問い合わせ先リストにもキャッシュバックを申請するタイミングを併記しておくのも良い方法でしょう。困ったときにそのリストを見るので、時期が来ているのかどうかをすぐに判断できるようになります。

困らないようにお問い合わせ先をリストにしよう

auひかりのキャッシュバックキャンペーンはKDDI、プロバイダ、代理店がそれぞれ行っているため、質問があるときにはそれぞれのお問い合わせ先に連絡する必要があります。トラブルがあったときに困ってしまわないようにするには申し込みの時点でお問い合わせ先リストを作っておくのが良い方法です。

いつ申請をすべきかも一緒にメモしておくと忘れにくくなるでしょう。